カテゴリ:不思議な出会いの物語( 5 )

不思議な出会いの物語 (4) チャンピーステッカー

b0213357_16565290.jpg
マーガレットのお花です。
花言葉は、「真実の愛」「信頼」
b0213357_17052175.png
b0213357_07581495.jpg
Gさんが10年ほど前にミニバイクレースに夢中になっていたころ作ったステッカーをお友だちが復刻して闘病中のGさんにプレゼントしてくれました。

このチャンピーステッカーをGさんからいただきました。

バイクに貼るため、天候にも経年変化にも非常に強いものです。
これを見たら、僕とチャンピーを思い出してください。

と、お手紙に書いてありました。

Gさんが天国に旅立って1か月たちました。
b0213357_10533147.jpgチャンピーとタナ
里親さんのところで元気に生活しています038.gif

里親さんは、バイクの世界では有名な方だそうです。


3月湯布院、5月四国、8月モンゴルのラリーでは大草原を10000Km走ります。
チャンピーステッカーを愛車に貼って・・・
Gさんの嬉しそうなお顔が目に浮かびますね037.gif


みんなー!
僕が残してゆくほんの少しの幸福を、皆で分けてください。
ありがとう。
でも、健康を粗末にする人には届かないですよ~。
おそらくね!

Gさんの最後のメッセージには、ありがとう!のコメントが溢れていました。
どれだけ生きたかではなく、どう生きたかですね。
普通に生活出来ていることがいかに幸せなのか・・・
Gさんからいただいた「幸福」大切にします。
毎朝チャンピーステッカーを見ては、今日も1日よろしくね!って話しかけています。



b0213357_11595285.pngここからは不思議な現象のお話。
苦手な方は、見ないでね。






Gさんが天国に旅立った日の夜、里親さんの奥さまとメッセージの交換をしていました。
奥さまが、チャンピーとタナはもうかけがえのない家族です。
安心して任せてください。との文字に思わずパソコンの前で号泣してしまいました。

すると突然、テレビの電源が勝手に入ったんです。
もうビックリ!005.gif
たぶん、Gさんからの「ありがとう」のサインだと思います。

実は、他の方のお宅にもGさん現れていたようで・・・
ワンコさんたちが敏感に反応していたみたいです。
里親さんの奥さまも、今たぶんGさんウチに来てますよ(笑)
チャンタナが、不思議そうな視線をご家族の後ろに送っていますって・・・

ウチのエミール寝てばっかりで、Gさんのサインを受け止められなかったのかな?
Gさん、強硬手段でテレビの電源を入れる荒業に出たのかも037.gif


b0213357_12361646.jpg岩下陽一郎さん
出会ってくださってありがとうございます。
岩下さんと出会って、たくさんの方とのご縁がつながりました。

そして、人の優しさに何度も涙しました。
これからも私たちを見守っていてくださいね。

  ご冥福をこころからお祈りいたします







by kazenoiro-ai | 2017-02-21 17:19 | 不思議な出会いの物語 | Comments(2)

不思議な出会いの物語 (3) Gさんと羊毛フェルト

b0213357_15103734.jpg
b0213357_15172650.jpg
ベゴニアのお花です。
花言葉は、「片想い」「愛の告白」
葉っぱが、ハートの形をしていることから言われているようです、
b0213357_15242351.png
b0213357_15281754.jpg9月末に余命4カ月を宣告され長野の病院に入院したGさんですが、熟考され三鷹に戻ってきました。

浜松にいるチャンピーちゃんの1月7日の誕生日を祝う!を目標に麻薬系の痛み止めを調整しつつ、
当たり前であることの幸せや毎日のちっちゃな幸せを大切に感じながら日々を過ごすことにしました。

Gさんを長野まで送り届けてくださったMさんはホンダにお勤めでした。
Hondaの軽乗用車「N」シリーズのキャラクター「Nコロくん」は、
Gさんの大切なタナちゃんと同じボーダーコリー。
MさんはNコロくんのぬいぐるみをGさんにプレゼントしました。

ぬいぐるみとまったくご縁のなかったおじさんのGさん(ゴメン)
Nコロくんがだんだんとタナちゃんに見えてきました。
でも一か所だけ違うんです。
タナちゃんの頭には「ちょんまげ」があったのです037.gif
Gさん、Nコロくんに「ちょんまげ」を付けたいとFBにUPしました。

b0213357_15403163.jpgみなさんのコメントは「羊毛フェルト」でちょんまげを付けるでした。
・・・また私呼ばれちゃった?(笑)029.gif
Gさんのお宅に材料を持って伺いました。

最初は、出来ない!とおっしゃっていましたが現場監督(私)の指導のもと
ぎこちない手つきでちょんまげをチクチク(笑)
b0213357_15464427.jpg
Nコロくんが世界に一つのタナちゃんに変身しました。

羊毛の材料がお役にたててホントに良かったです。
やっぱりご縁があったのですね。

b0213357_1644398.jpg

後日、Nコロタナちゃんは浜松に届けられました。

パパの匂いをいっぱい身にまとって・・・038.gif


by kazenoiro-ai | 2016-11-26 15:48 | 不思議な出会いの物語 | Comments(4)

不思議な出会いの物語 (2) Twitterで出会ったGさん

b0213357_1564798.jpg
ペンタスのお花です。
花言葉は、「希望が叶う」「願い事」
このピンク色の他に、 白、紫、赤、オレンジ色などがあります。
小花がいっぱいでブーケみたいですね。
b0213357_15165589.png
9月の末に、Twitterを見ていたら、
【緊急拡散】余命4カ月の宣告を受けた方が犬(2頭)の里親を探しています。
チェックしてみると三鷹市在住の方でした。
ご近所なので何となく住所と電話番号をメモしました。

10月1日
夕方、Twitterに先日の方がちょっと心が辛そうなツイート。
何だか急き立てられるように、その方の自宅に向かっていました。
お腹が空くと悲しくなるかも?と、取りあえずパンを買って速攻チャリで・・・
そして知らない男性のお宅のチャイムを迷わず押していました。
???のGさんに、「Twitter見て来ました」(笑)

一人暮らしのGさんが、すい臓がんで突然4カ月の余命宣告。
セカンドオピニオンでも同じ結果。
可愛い我が子(ワンコ2頭)をどうしよう・・・
そして、拡散希望・・・里親のめどが見えてきた。
その日、透析を受けていたら、いろいろな感情の波が押し寄せてきての
ツイートだったようです。
初対面の方のお宅で互いに涙ぐみながら1時間あまり、2匹のワンコに
囲まれてお話をお聞きしました。
Gさんも想いを話すことで心が落ち着かれたようでした。

b0213357_15234972.jpg10月10日
井の頭公園でのお別れミニオフ会にはFBを見た方が三々五々集まってドッグカフェで
Gさんを囲んで2時間ほど語らいの時間。
もちろん皆さん初対面です。
エミールも一緒に参加しました。

パピーミル(注1)から餓死寸前で保護されたシーズーのあんずちゃんにも会いました。(写真の子)
悲惨な状況に怒り涙し、助けられた命に安堵の涙が出ました。

10月20日
Gさん、故郷で療養されるのでお別れ会も開催されました。
場所がウチから徒歩5分のドッグカフェ。(ご縁ですね)
ここでも新しい出会いがありました。
17歳を筆頭に3匹のワンちゃんを飼っている三鷹市議会議員のKさんご夫妻。
緊急時のペット同行避難を議会に提出され可決されたそうです。
いろいろお話を聞けて良かったです。

b0213357_16125333.jpg10月23日
いよいよGさん、故郷へ帰り入院です。
早朝7時でしたが、先日のKさんご夫妻、大家さん、私とエミールでお見送り。
Gさんと初対面のMさんが80歳のお母さまとシーズーちゃんとリンゴ狩りに向かわれる長野までGさんとワンコを車で送ってくださいました。b0213357_15351533.gif

実は、お別れが辛いかなって思っていたのですが素晴らしいお話を聞いて嬉し涙が止まらず・・・ 最近泣いてばかりです。

先に里親が決まって浜松の子になっていたタナちゃんの里親さんが3時間の家族会議の結果、残ったチャンピーちゃんの里親さんを申し出てくれました。
ずっと一緒に育った2匹が離れ離れにならず暮らせることになりました。
本当に良かった! もう涙、涙・・・
Gさんも安心して病気と闘えます。

また長くなってしまいました。

一人暮らしの人が突然余命4カ月の宣告。
一緒のワンコの将来は・・・
他人ごとではありませんよね。
困った時のワンコ好きの団結力、人の輪の優しさを感じる出来事でした。

ふと目に留まったツイートから怒涛のようにたくさんの方と出会いました。
みなさん心が温かな方ばかりでした038.gif
治療のために長野の病院に入院したGさんですが・・・

まだまだ続きのお話が・・・長文にこりずにお付き合いくださいませ。

(注1)パピーミル
「子犬工場」を意味し、営利を目的として犬などを劣悪な環境下で
大量に繁殖させるブリーダーのこと。

by kazenoiro-ai | 2016-11-12 15:46 | 不思議な出会いの物語 | Comments(0)

不思議な出会いの物語 (1) エミール泣き笑い Kさん

b0213357_14124647.jpg
サフランのお花です。
花言葉は、「陽気」「喜び」「歓喜」
赤い雌しべを乾燥させたものは、漢方や香辛料として使用されます。
b0213357_14294543.png
b0213357_14325380.jpg「エミール泣き笑い事件」 (長文です)

ある日、エミールがなかなか起きませんでした。
朝9時半を過ぎても起きないので起こして
トイレを済ませました。
いつもエミールはワンワンと食事の催促をしますがこの日は静かでした。


お薬をパンで包んで渡すと、パクっと食べましたが・・・
パンを口に咥えたまま、バッタリと行倒れ状態になってしまいました。
声を掛けても反応がありません。
パンが口からはみだしたままです005.gif
誤嚥してもいけないと思いパンを取ろうとしますが取れません。
そのうち、ハッっと気が付きパンを慌てて食べはじめました。
その後、朝食も完食しましたがぐったりしたままです。

ぐったりしたまま、だんだん呼吸が荒くなってきました。
名前を呼んでも反応がありません。
目もうつろです。

ガラスのハートの私はパニック状態。
このまま逝ってしまう前に、会いたい人には会わせる??
Kさんに、電話しました。
「Kiiです。エミールが・・・号泣」
「えっ、どうした?」
涙で言葉にならず・・・
「すぐ行くからっ!!」 注:ウチまで徒歩3分の距離

Kさん、訳もわからないまま泣きながら来てくれました。
(良い友だちです)

Kさん、エミールを泣きながら呼ぶも反応なし。
呼吸はさらに荒くなっています。
Kさん、エミールを抱っこして熱あるんじゃない?
あわてて服を脱がす。
病院行った方がいいよ。
でも昼の診療時間は過ぎていました。
ポカリスエットを飲ませたら?
うん、買ってくる!コンビニに走る私。

冷えたままのポカリを出すと、ゴクゴクとかなり飲み少し落ち着いてきました。
Kさんが持ってきてくれたボーロもパクパク(笑)
Kさんがエミールを抱いて撫でているとすやすやと寝息をたてはじめました。
b0213357_14424867.png
b0213357_14484987.jpgこの後、私は大胆な行動に出ました042.gif
この日エミールはトリミングを夕方予約していました。

エミール、顔がモシャモシャで酷かったんです。
このまま逝かせるのはしのびないと思ってしまいました。
様子も落ち着いたのでトリマーさんに連れて行って、状況を説明し
トリミングGO! (オイオイ 笑)

この写真が当日のトリミング後のエミール。
トリマーさん:普段と変わらずでしたよ。それにウチの猫のエサを食べてたし!(爆笑)

母さん、騒ぎすぎです。ちょっと寝起でぼーっとしてただけです
b0213357_1554955.gif
これだけ読ませておいて何が、不思議な出会いなんですか?
って気づいたあなた!偉い038.gif

Kさん、さかのぼる事3年前エミールの散歩中に偶然に出会って、
面識もない私を老人給食のボランティアに1本釣りした方です037.gif

老人給食のお手伝いも4年目に入りました。
老人給食のお仲間は、私とKさんが長年の友人だと思ったそうですが、
いえいえ会ってまだ2回目でしたから~042.gif
地元のボランティアなので、ご近所のお友だちがたくさん出来ました♪

出会ったその日に、ボランティアに誘われるって不思議でしょ029.gif

後日談:エミール 一過性の脳疾患だったようです。


長文お付き合いくださりありがとうございました。
日々の出来事を記録に残しておきたかったの。
by kazenoiro-ai | 2016-11-04 14:45 | 不思議な出会いの物語 | Comments(2)

不思議な出会いの物語 プロローグ

b0213357_20294370.jpg
コムラサキの実です。
花言葉は、「聡明」 「気品」 「知性」
b0213357_2035424.jpg

何だか、秋から突然初冬に突入した今日この頃・・・
昨日の朝、初暖房いれました。

9月にエミールが体調を壊してから、私の生活も大きく変化しています。

私は、「人の縁が強い」と鍼灸のY先生に言われました。
そ~なんですよ。
自分でも不思議だなぁと思う出会いが続いています。
書くことが沢山ありますが・・・ なかなか自分で消化出来ていません。
・・・が、10月はたくさんの涙を流してしまいました。

悲しい涙、不安な涙、切ない涙、嬉しい涙、etc それを人の前で・・・
そしてたくさんの人と出会い人の輪が広がりました。
詳細は、また後日。

5年前に、会社を希望退職しようと思ったとき、やはり不思議なご縁で出合った
風水の先生に言われました。
会社を辞めるも、続けるもその年は厳しい年になる。
  ・・・先代犬のアイがその年に16歳で虹の橋に旅立ちました。
     でも、すぐエミールと出会いました038.gif

その後は、運気は上昇のみ。
沢山の人と出会うでしょう。

会社を辞めて人との出会いが増えるってあり?と思っていましたが
何だか、私の想いとは別に事は進んでいます(笑)

 ('◇')ゞ???の私です。

時に流されて忘れないように、ちゃんとブログに記録しようと思います。
ま~ったりと生活していた私の人生観が変わりました。

つづく

エミールは、加齢による分離不安で長時間のお留守番は出来ませんが、
そこそこ(笑)元気です。
お留守番がほぼ3時間を超えると即刻体調が悪化します。や~ん(-.-)
by kazenoiro-ai | 2016-10-31 21:13 | 不思議な出会いの物語 | Comments(2)